ヒカルがサラ金アプリの案件動画で炎上「金のためなら何でもするのか」「店長にも失望した」

YouTuber別

人気YouTuberのヒカルが8月30日にサラ金アプリの案件動画を投稿し炎上しています。

「ヒカルは金のためなら何でもするのか」

「闇深すぎるだろ」「失望した」

などの声が多く寄せられています。

今回炎上した経緯や世間の声について調べました。

スポンサーリンク

サラ金とは

サラ金とは

「サラリーマン金融」(消費者金融の一種)の略。主にサラリーマン・主婦・学生を相手とする、担保無しで高利の小口金融(業者)。

のことです。

CMなどでもよく見る、アコムやプロミスとかですね。

理解して欲しいのはこれらの会社が違法なことをしてりいるということではありません。

決められた法律の範囲内で行われています。

しかし、高利子ということもあり1度借金地獄にハマると抜け出せずに破産してしまう人が多くいるのも事実です。

ヒカルがサラ金アプリの案件を投稿し炎上

ヒカルが8月30日に投稿した動画のタイトルが「ヒカルさん、お金貸してくれませんか?」

提供はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社ということでかなりの大手の案件となっています。

動画の内容は

ヒカルと遊楽舎の店長が小芝居をしながら、いつでもどこでもお金を借りれる超便利なプロミスのスマホアプリがあるよ〜と紹介するというものです。

とにかく「このアプリはすごい!サービスはすごい!」と2人でゴリ押ししています。

 

動画の説明欄には

カードローン等をご利用の際は、契約内容をよくご確認ください。
計画的な返済プランを立てて、借りすぎにはご注意ください。

と記載され、アプリのリンクURLが貼られています。

そしてこの動画のコメント欄は無効となっています。

 

繰り返しになりますが、このアプリや会社自体は全く違法ではありません。

しかし、ヒカルの影響力や、見ている年齢層(中高生)を考えると、今回のサラ金アプリをおすすめするのはどうかなと思いました。

こんなに簡単にお金を借りることができるんだよ、と無責任に言っているようにも思えます。

高利子のリスクなどに関しては詳しくは触れていません。

この動画だけ見たら「めっちゃ便利やん!使ってみよ!」と軽い気持ちで借りてしまう人も続出してしまう可能性があります。

 

シバターもこの件に関しは「がっかりした」とコメントしています。

シバターは動画内で

「お金は家などの大きな買い物をするとき、本当にお金が必要な時に銀行から借りるもの」

「ちょっと手元にお金がない、でもこのハンドバックが欲しい、よし!お金を借りよう!はない!」

と言っていますが、その通りだと思います。

 

軽い気持ちでサラ金でお金を借りて人生が台無しになる人も多くいるのが現状です。もちろん借りるのは自己責任ですが、それをわざわざ中高生が多く見ているチャンネルで安易におすすめするのは個人的には賛成ではありません。

店長にも批判の声が

今回ヒカルが炎上しているのはもちろんですが、遊楽舎の店長にも批判や悲しみの声が寄せられています。

「店長にはこの動画に出て欲しくなかった」

「結局店長も金のためなら何でもするんだ、悲しい」

などの声がありました。

 

確かに、店長は1歩引いてヒカルを見守ってくれる存在のようなイメージがあります。

その店長もこのような案件に絡んでしまったのは確かに少し残念です・・・・

店長はヒカルの発言に大げさに驚いたりしていますが、いい年齢なのでこのようなローンがあるのもだいたい知っていたと思うし、そこまで驚くことではないと思います。(個人的な考え)

世間の声も厳しいものとなっています。

世間の声

やはり今回のサラ金アプリの案件に関しては批判の声が多いですね。

スポンサーリンク

みんなが読んでる関連記事
YouTuber別ヒカル炎上
ちゅば速